前へ
次へ

家族と一緒に前撮りも可能

前撮りというと、新郎新婦が衣装を着て事前に撮っておくというイメージがあるかもしれません。人によっては「自己満足なのでは」と考えることもあるでしょう。でも前撮りというのはそれだけではないのです。結婚というのはやはりお互いの家族に喜んでもらうのが好ましいので、家族を笑顔にするために前撮りを行うカップルもいます。例えば、祖父母が足が悪くて式に参列できない、という場合、本人はとても残念に思うでしょう。そういうときにも前撮りが活躍します。婚礼衣装を着て家族と記念写真を残すことで、結婚式に参列したような気持ちを味わせてあげることが可能なのです。また、実際の結婚式はウエディングドレスの洋装だけど、おばあちゃんとの写真は白無垢と紋付袴で撮る、というカップルもいます。やはり高齢の人ほど和装を喜んでくれる場合は多いそうで、二重に家族孝行になるでしょう。実家に帰って子どもの頃の思い出の場所で家族と撮る、というようなシチュエーションも人気です。

Page Top